お役立ち

玉ねぎ天日干しの効果効能が凄い!正しい方法で血管若返り!【名医の太鼓判】

みなさん玉ねぎの天日干しを知っていますか?

普段加熱したり、生で食べたりすることが多いですが、実は天日干しにすると血管の若返りが期待できるのです。

これから紹介していきます。

スポンサーリンク

【名医のTHE太鼓判】玉ねぎの天日干しが紹介

テレビ番組名医のTHE太鼓判で玉ねぎの天日干しが紹介されました。

番組では毎回健康に関する今まで知らないような情報を発信していき人気を集めています。

天日干しにするイメージのない玉ねぎですが、どんな効果効能があるのでしょうか?

スポンサーリンク

玉ねぎ天日干しの効果効能が凄い!

現在三代疾患の脳卒中や心筋梗塞は死亡率が高い病気ですが、どちらも血管が詰まった病気です。

血管は加齢とともに老化していくため、血管をを若返らせることはとても重要です。

玉ねぎはそのまま食べたり、加熱調理しても栄養がたくさんある素晴らしい野菜の1つですが、天日干しにすることで血管が若返るケルセチンという成分がアップするのです。


ケルセチンはポリフェノールの1種で抗酸化作用があり、悪玉コレステロールによる酸化を防いでくれます。

さらに動脈硬化予防や血圧上昇の抑制をする働きもしてくれます。

この素晴らしいケルセチンは天日干しすることでさらに増えます。

玉ねぎの細胞は日光に照らされるとすぐに日焼けしてしまうため、玉ねぎのための日焼け止めとしてケルセチンが分泌されます。

ケルセチンの量は日光に当てた時間が長いほどたくさん分泌され4日で約1.5倍、1週間で3.5倍増えるという研究結果が出ています。

そのため普段のように食べるよりも天日干しにしてから食べたほうが毛つけき若返りにはより効果効能が期待できます。

味も普段と変わらず食べることができるのでおすすめです!

また玉ねぎ特有の匂いの元であるアリシンには血液をサラサラにする効果があるため心筋梗塞や脳卒中の予防にもなります。

スポンサーリンク

玉ねぎの天日干しの正しい方法

玉ねぎの天日干しの素晴らしい効能が分かったところでこれから正しい天日干しの方法を紹介していきます。

玉ねぎは通常皮を剥かない状態で保存しますよね?

皮がある状態で涼しい場所で保管すれば2ヶ月ほど保存することが可能です。

しかし天日干しする場合は皮を剥きます。

皮がある状態では日光が玉ねぎの内部まで届かないのでケルセチンが増えないからです。

ケルセチンは日光に長時間当てるほど増えますが、1週間以上干してしまうと玉ねぎが乾燥してしまいあまり美味しく食べることができません。

そのため天日干しする場合は1週間までがおすすめです。

またケルセチンは葉緑素と一緒に増えるため天日干ししていくうちに玉ねぎの色が緑色へと変化していきます。

よって玉ねぎの色の変化を見て判断することができます。

せっかくなら美味しく食べたいのでやり過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ 玉ねぎ天日干しの効果効能が凄い!正しい方法で血管若返り!【名医の太鼓判】

玉ねぎといえば血液をサラサラにする野菜というイメージがあると思いますが、実は一手間加えるだけで血管を若返らせる効果がアップするのです。

その方法はズバリ天日干しです!

人気テレビ番組「名医のTHE太鼓判」でも紹介された玉ねぎの天日干し

玉ねぎには強い抗酸化作用で血管をしなやかにしてくれるポリフェノールの一種であるケルセチンという成分が含まれています。

このケルセチンは玉ねぎを皮を向いた状態で天日干しにすることでたくさん分泌されます。

これは玉ねぎの細胞が日光に当たるとすぐに日焼けしてしまうため、それを防ぐために日焼け止めの役割するケルセチンが増えるからです。

ケルセチンには他にも動脈硬化予防や血圧上昇の抑制、骨密度を抑制するなど様々な効果効能があります。

また玉ねぎには血液をサラサラにするアリシンという成分も含まれているためより血管の状態をよくしてくれます。

天日干しにしても美味しく食べられるため、とてもおすすめです。

ただし天日干しする場合は1週間を目安にすると良いでしょう。

あまりやりすぎてしまうと玉ねぎが乾燥してしまい美味しく食べることができないためやり過ぎには注意しましょう。

血管の健康は病気をしないためにも大切なことですので、天日干しにした玉ねぎを食べて血管を若返らせましょう!

スポンサーリンク