エンタメ

小出義雄監督と高橋尚子は不仲・確執関係だった?中違いでトラブル・問題も?

Qちゃんこと高橋尚子さんの指導者として有名な小出義雄監督が4月24日に亡くなられました。

小出義雄監督といえばお酒好きでサングラスが目印の凄腕監督でしたよね!

高橋尚子さん以外にも有森裕子さんなど素晴らしい選手を指導されていました。

そんな小出義雄監督ですが、教え子の高橋尚子さんとの確執不仲説が浮上しています。

本当に仲が悪かったのでしょうか?

そこで今回は小出義雄監督と高橋尚子さんとの関係について調べてみました。

スポンサーリンク

小出義雄監督が

シドニーオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子さんや有森裕子さんを指導された小出義雄監督が2019年4月24日に80歳で亡くなられました。

亡くなられた原因は心臓病だったとのこと。

小出義雄監督の訃報に多くの方々から弔いの言葉が寄せられています。

小出義雄監督といえばヒゲにサングラスが印象的でお酒好きとして有名でしたね。

スポンサーリンク

小出義雄監督と高橋尚子は不仲・確執関係だった?

小出義雄監督について調べていると教え子の高橋尚子さんとの不仲や確執というワードが出てきます。

厳しい指導で有名な小出義雄監督でしたが、本当に高橋尚子さんとは不仲だったのでしょうか?

真相は本人達にしかわかりませんが、不仲や確執はないでしょう。

小出義雄監督と高橋尚子さんとの出会いは高橋さんが大学卒業後のことでした。

当時高橋尚子さんは教師になるか実業団で現役を続けるかを迷われていました。

高橋尚子さんの元には8社からのスカウトがありましたが、小出義雄監督率いるリクルートは入っていませんでした。

高校の恩師から小出義雄監督が務めていたリクルートを勧められたということもあり、8社のスカウトを断り直談判しに行きました。

しかし「大学生は取らないから無理」とまさかの返事

その後契約社員ということでリクルートへの入社が決まり監督との関係が始まりました。

高橋尚子さんは今でこそ長距離の選手というイメージがありますが、高校、大学では中距離がメインでしたが、小出義雄監督が才能に気づき長距離に転向させたのです。

中距離と長距離では走り方が変わってきますから才能に気付いたのは流石小出義雄監督というところですね!

小出義雄監督は高橋さんに「お前はマラソンで世界一になる」と常に言い続け段々と高橋さんもその気になったそうです笑

他にも選手のモチベーションを維持させるため声掛けを心がけていました。

小出義雄監督の前向きな言葉

  • Qちゃんは姿勢がいいねー
  • いい顔して走るね
  • この走りならオリンピックはこっちのもんだ!

普通アスリートの厳しい世界ではきつい言葉が飛び交いがちですが、小出義雄監督は「人が喜びを感じる時が進歩する時」という信念を持っており、全く怒らなかったそうです。

厳しい指導で選手を伸ばす方法も1つだと思いますが、選手のモチベーション維持を考えた小出義雄監督の指導には圧巻ですね。

もちろん前向きな言葉と共に厳しい練習メニューがあった上での金メダルですが笑

そんな2人は高橋尚子さんが現役を引退された後も続き、小出義雄監督が勇退を発表された直後にも監督との出会いについて感謝を述べられています。

私の今があるのは監督のおかげです。監督に会えたことが一番大切な、価値のあることです」

「今の私があるのは小出監督のおかげです。五輪で金メダルを取れたのも、(01年のベルリンで当時の)世界最高記録を出せたのも、小出監督がいなければ絶対にできませんでした」

デイリースポーツインタビュー 引用

そのためここまで信頼関係を築いている2人に不仲・確執があったとは思えませんね。

強いてあげればシドニーオリンピックで高橋尚子さんは30km時点でサングラスを小出義雄監督に投げる約束をしていましたが、途中で高橋尚子さんが勝てると思い監督がお酒を大量に飲み約束をすっぽかしてしまうというエピソードがあります。

結局サングラスは34km地点にいた高橋尚子さんのお父さんが受け取りました笑

ゴール後には監督に対して酒臭いと呟いていたことがありましたが、流石に確執とまではいかないでしょう。

中違いやトラブルなどの問題などもないことが考えられます。

不仲・確執とはむしろ真逆な関係ですね。

小出義雄監督は80歳で亡くなってしまいましたが、高橋尚子さんとのエピソードは今後も語り継がれそうですね。

スポンサーリンク