エンタメ

美爆音(習志野)のクレームは星稜の自作自演?林監督の「サイン盗み」が関係か

春の選抜高校野球が開幕し毎回白熱の試合が繰り広げられていますよね!

試合ごとに様々なドラマがあり、風物詩ともなっていますが、3月28日に行われた習志野高校と星稜高校との試合である問題が波紋を呼びました。

問題となったのが習志野高校によるサイン盗み疑惑でした。

試合は3対1で習志野高校が勝利しましたが、試合が終わった現在も注目されています。

このサイン盗み疑惑と同じく話題になっているのが習志野高校の美爆音です。

美爆音はうるさいとクレームになっていますが、これに関してとある噂が浮上しています。

そこで今回は今話題になっている美爆音の問題について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

美爆音とは?

そもそも美爆音とは何なのか?

爆音とは違うの?と思われる方も多いかと思いますが、美爆音とは習志野高校吹奏楽部による応援演奏のことです。

応援演奏はとても迫力があり、音圧を体感できるほどの大音量です。

しかしただの大音量ではありません。

ただ大きいだけでは爆音ですが、習志野高校吹奏楽部の演奏は聴いていて心地良いのが特徴です。

まずはこちらをご覧ください。

素晴らしい演奏ですよね!

応援されている野球部は元気をもらえますよね!

大音量でありながら、聴いていて心地良いこれが美爆音なのです。

スポンサーリンク

美爆音(習志野)のクレームは星稜の自作自演?

習志野高校吹奏楽部による応援演奏は美爆音として有名ですが、クレーム・苦情が相次いでおり、話題になっています。

クレーム・苦情の理由としては

  • うるさくて球場の近隣に迷惑
  • 大音量で選手間の連携に影響が出る
  • 監督や選手の声が届かずコミュニュケーションが取れない

などが挙げられています。

確かに美爆音は素晴らしい演奏ではありますが、音量が大きい分選手や監督の声が届かない可能性もあるかもしれませんね。

とはいえ今回の美爆音に対するクレーム・苦情に関して少し気にかかる点があるのです。

習志野高校吹奏楽部の応援演奏が美爆音として有名になったのは2008年からでした。

当時吹奏楽部の副顧問を担当していた滝山智宏教論は練習時に近隣から「爆音だ」と苦情を受けた際に

爆音と言っていると、「またうるさい」と冷やかされる。うちは全国大会に行ける綺麗な音を出している。

と話しており、これが美爆音となったきっかけでした。

そのため2008年から2019年までの11年間美爆音として有名だったにも関わらずなぜ2019年の今年だけクレーム・苦情が殺到したのか?

ネットでは星稜の自作自演ではないかという声が上がっているのです。

星稜高校側の自作自演ではないかと疑われているのは2019年3月28日に行われた習志野高校対星稜高校の試合が関係していると思われます。

スポンサーリンク

林監督の「サイン盗み」が関係か

2019年3月28日に行われた習志野高校と星稜高校の試合では習志野高校の小林徹監督が星稜高校のサインを盗んでいるのでは?という疑惑が浮上したのです。

試合は3対1で習志野高校が勝利しましたが、試合後に星稜高校の林監督が習志野高校の小林徹監督のサイン盗み疑惑を猛抗議されました。

小林徹監督はサイン盗みはしていないときっぱり否定されましたが、この試合はかなり波紋を呼びました。

今回の美爆音に対しての多数のクレーム・苦情とサイン盗み疑惑のタイミングがあまりにも同じためクレーム・苦情は星稜サイドが自作自演によるものなのではと言われているわけです。

実際のところ星稜サイドが自作自演によってクレームを入れている確証はありませんが、タイミングが同時期のため疑がってしまう方が多いのでしょう。

また高校野球には吹奏楽部の応援演奏は毎年行われていますのでクレームが殺到していることに対して違和感を感じる方も多いのでしょう。

もちろん星稜高校は甲子園を目指している素晴らしい高校であり、自作自演による苦情はないと思います。

しかし星稜高校を応援していた方の中には悔しくてクレームを入れた方がいるかもしれませんね。

とはいえ習志野高校、星稜高校どちらの高校も甲子園を目指して日々練習を頑張っている素晴らしい高校ですのでこれからも応援していきたいですね!

習志野高校の小林徹監督関して興味がある方は是非こちらの記事も伴わせてご覧ください。

習志野監督の小林徹(サイン盗み)の経歴や現役時代がすごい!子供や嫁も!【甲子園出場経験有り】春の選抜甲子園が開幕し白熱した試合が繰り広げられていますが、3月28日に行われた習志野高校と星稜高校の試合でサイン盗みの疑惑があり問題に...
スポンサーリンク

まとめ 美爆音(習志野)のクレームは星稜の自作自演?林監督の「サイン盗み」が関係か

春の選抜高校野球が開幕し白熱した試合が繰り広げられていますが、2019年3月28日に行われた習志野高校と星稜高校の試合ではサイン盗みの疑惑が浮上し話題になっています。

試合は3対1で習志野高校が勝利しましたが、試合後に星稜高校の林監督は習志野高校小林監督に対して猛抗議をされました。

小林監督はサイン盗み疑惑について否定をされています。

今回サイン盗み疑惑と同じく話題になっているのが習志野高校吹奏楽部による応援演奏通称美爆音です。

美爆音は2008年からその名が付き、大音量でありながら聴いていて心地よいということで有名でした。

しかし2019年春の選抜高校野球では美爆音に対してクレームが殺到しているのです。

ネットではサイン盗み疑惑と美爆音のクレームが同時期のため星稜高校の自作自演ではないかという噂が浮上しています。

実際のところ星稜高校が自作自演によって美爆音に苦情を入れたという証拠はないので決めつけるのは良くありませんが、疑ってしまう方が多いのでしょうね。

今回の疑惑はあくまで噂になりますので安易に信じ過ぎずに純粋に高校野球を楽しむほうが良さそうですね。

今後の習志野高校、星稜高校の活躍に期待したいところですね!

スポンサーリンク