お役立ち

ホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこすると危険?噛まれることはないの?

動物園で人気の動物といえばホワイトタイガーですよね!

動物園で飼育している場所は限られていてとても珍しく大きな体に白色の毛並みが特徴です。

鋭い牙や爪があり飼育するのは大変危険です。

よくホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこするイベントがありますが、噛まれる危険性はないのか気になりますよね?

これからホワイトタイガーの赤ちゃんの危険性について調べていきます。

スポンサーリンク

ホワイトタイガーに噛まれることはないの?

ホワイトタイガーは大きくなると体長が2から3mになり、体重も180kg前後ととても大きくなります。

大きな牙や爪があるため人間が襲われるととても危険です。

飼育されているホワイトタイガーに噛まれることはないのか?

これに関しては絶対はありません。

動物も飼育されている場合、野生よりも人間に慣れていますが、必ず噛まないという保証はありません。

実際に最近では鹿児島市の平川動物公園で男性職員がホワイトタイガーに襲われ亡くなっています。

動物を飼っているのは人間側の都合なので動物を責めることはできません。

しかし男性職員が亡くなってしまったのは残念でなりません。

スポンサーリンク

ホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこすると危険?

ホワイトタイガーの赤ちゃんは小さくてとても可愛いですよね。


戯れている姿は猫に似ています。

そんなホワイトタイガーの赤ちゃんですが、よく抱っこするイベントが行われていますよね。

危険ではないのでしょうか?

赤ちゃんとはいえ牙や爪はありますので絶対安全とは言えません。

赤ちゃんは歯が痒い時や戯れてる時に甘噛みをすることがあります。

抱っこする時は安心しすぎるのは危険です。

ただ動物園も危険な状態の時はイベントを中止してくれます。

人間側だけでなく、赤ちゃんの体調を気遣ってくれます。

また最近は抱っこするのではなくミルクをあげるのを見るイベントや写真を撮れるが触れる

ことができないなど安全面や赤ちゃんの配慮がされたイベントが増えています。

 

View this post on Instagram

 

白鳥動物園【公式】さん(@shirotorizoo)がシェアした投稿

赤ちゃんも人間に慣れていない時に触れ合うのはストレスになってしまいますからまずは赤ちゃんの体調が最優先なので致し方ないですね。

スポンサーリンク

ホワイトタイガーの赤ちゃんが抱っこできる動物園

ホワイトタイガーの赤ちゃんはとても希少で飼育している動物園は少ないです。

また大きくなるとき危険のため限られれた期間でしか触れ合うことはできません。

現状ホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこできる動物園を紹介します。

伊豆アニマルキングダム

伊豆アニマルキングダムでは今年ホワイトタイガーの双子の赤ちゃんが生まれました。

こちらではホワイトタイガーの赤ちゃんと写真を撮るイベントを行っており、膝の上に赤ちゃんを乗せ抱っこすることができます。

日時: 9月22日(土)から10月14日(日) 10時30分と15時30分

場所 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344

10月9日(火)~12日(金)の間は予約不要 現地にて毎日2回各25組まで先着順で受付

時間が迫っていますのでお早めに!

しろとり動物園

こちらの動物園ではホワイトタイガーのポール君がいます。

残念ながら抱っこ会は今年の4月に終わってしまいました。

 

View this post on Instagram

 

白鳥動物園【公式】さん(@shirotorizoo)がシェアした投稿

8月には写真会のイベントなども行っていました。

抱っこはできませんが希少なホワイトタイガーの赤ちゃんを見れるので是非足を運んでみてはいかがでしょうか!

しろとり動物園では動物の出張も行っており仔トラと結婚写真を撮ることができます。

結婚式に可愛い仔トラと写真を撮るのも良いですね!

スポンサーリンク

まとめ ホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこすると危険?噛まれることはないの?

白い毛並みに大きな体が特徴のホワイトタイガー

日本で飼育している動物園は少なくとても珍しい動物です。

鋭い牙や爪があり飼育するのはとても危険です。

今年10月には飼育員が亡くなる事故も起きています。

そんなホワイトタイガーも赤ちゃんの頃は猫のように小さい体で可愛い姿をしています。

よくホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこするイベントがありますが噛まれる危険性はないのか気になりますよね?

赤ちゃんでも牙や爪はありますし、歯痒い時や戯れた時に甘噛みされることもあります。

赤ちゃんだからといって安心しすぎるのは危険です。

とはいえ動物園側も赤ちゃんの成長具合や体調を考えて運営してくれます。

危険な時はイベントを中止をするなどの配慮をしてくれます。

日本でホワイトタイガーの赤ちゃんを飼育している動物園は少なく、成長も早いため見れる機会は限られています。

抱っこすることはできなくても間近で見れることはとても貴重なことです。

是非今のうちに足を運んでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク