エンタメ

中島美嘉の歌が下手すぎ?歌い方が変わったのは耳の病気が原因?【うたコン】

雪の華でお馴染み歌手の中島美嘉さん。

歌手としてだけでなく女優としても活動されており、幅広く活躍されています。

そんな中島美嘉さんですが、歌が下手、歌い方が変わったという声が多く上がっています。

何か理由や原因があるのでしょうか?

そこで今回は中島美嘉さんの最近の歌手活動の真相を調査してみました。

スポンサーリンク

中島美嘉のプロフィール

鹿児島県出身 35歳

トゥループロジェクト 所属

歌手として大活躍されている中島さんですが、元々はモデルとして活動されており、オーディションに多数応募されていました。

当時モデル以外にも歌手になるという夢があり、ソニーレコードにデモテープを送ったことがきっかけでソニー主催のボーカルオーディションに出場できるようになり見事選ばれヒロインと主題歌を担当することになりました。

女優としてデビューをしたドラマ「傷だらけのラブソング」は大ヒットし主題歌の「STARS」も視聴者から絶賛されました。

その後もたくさんのヒット曲を出し数々の賞を受賞されています。

私生活ではバレーボール男子日本代表の清水邦広さんと2014年に入籍されましたが、2018年に離婚されています。

中島美嘉さんといえば代表曲の雪の華が有名ですよね。

なんと2019年2月1日から雪の華を題材にしたドラマが公開され和田となっています。

これは大ヒット間違いなしですね!

スポンサーリンク

中島美嘉の歌が下手すぎ?

数々のヒット曲を出している中島美嘉さんですが、ネットでは歌が下手すぎという声が上がっています。

本当に歌が部屋なのでしょうか?

中島さんは歌番組「うたコン」で公開される映画雪の華の主題歌「雪の華」を歌われました。

まずは公式のミュージックビデオを見てみましょう。

やはり綺麗な歌声ですね。

続いてうたコンで披露されたのがこちらです。

少し苦しそうにも見えますが、やはりプロですので素敵な歌唱ですね。

ただ以前と比べると違和感を感じる方も多いでしょう。

スポンサーリンク

中島美嘉の歌い方が変わったのは耳の病気が原因?

中島美嘉さんの歌い方に関して違和感を感じている方も多いのではないでしょうか?

実は中島美嘉さんの歌い方が変わったのには耳の病気が関係していました。

中島さんは耳管開放症という病気を患っています。

耳管開放症とは

通常は閉鎖されている耳管が開放されたままの状態になり、耳閉感や自声強聴(自分の声が大きく聞こえる)などの症状を引き起こす疾患である。

wiki 参照

歌手活動をしていく上で耳の病気はかなり負担が大きいことです。

中島さんの歌に違和感を感じ「歌が下手すぎ」と思われてしまった方もいるでしょう。

耳に支障が出た分歌い方が変わってしまうのは仕方がありません。

むしろ中島さんは病気でありながらここまでのパフォーマンスをされていることは素晴らしいことです。

中島さんの病気のことを周知している方もおり、ネットでは応援されている方も多くいらっしゃいます。

今後も歌うことは大変だとは思いますが、是非頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

まとめ 中島美嘉の歌が下手すぎ?歌い方が変わったのは耳の病気が原因?【うたコン】

歌手や女優として大活躍の中島美嘉さん。

代表曲雪の華を題材にした映画が2019年2月1日に公開され話題になっています。

そんな中島さんですが、ネットでは歌が下手すぎ、歌い方が変わったとの意見が出ています。

これには理由があり、中島さんは耳管開放症という耳の病気を患っているためです。

歌手として活動する上で耳の病気はとても厳しいことですので違和感を感じてしまうのも仕方がありません。

しかし耳の病気を患っている上でプロとして素晴らしい歌唱を披露されている中島さんは流石ですね。

今後も歌手活動は大変だと思いますが、是非頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク