エンタメ

【iKON】B.I(ハンビン)がカトクしたA氏は誰?名前や顔画像も!【薬物脱退】

韓国の人気グループiKONのメンバーB.Iさんが薬物疑惑が浮上したことでグループの脱退を発表されました。

B.Iさんは自身のインスタグラムで一時期薬物に頼ろうとした事実を認めましたが、実際には使用していないとコメントしています。

しかし薬物の疑惑を浮上させてしまったことで不快にさせてしまったファンもいることを反省し、グループの脱退を発表されています。

B.Iさんに薬物疑惑が浮上したのは麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕されたA氏とのカカオトークで薬物購入の依頼をしていたことが判明したためです。

一体このA氏とは誰なのか?

そこで今回はiKONのメンバーB.I(ハンビン)さんがカカオトークで連絡をとっていたA氏について調べてみました。

スポンサーリンク

【iKON】B.I(ハンビン)が薬物疑惑で脱退

韓国の人気グループiKONのメンバーB.I(キム・ハンビン)さんが薬物の疑惑を受けグループの脱退を発表されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

김한빈 비아이さん(@shxxbi131)がシェアした投稿

B.Iさんは自身のインスタグラムで一時期あまりにも大変な時期に薬物に頼りたかったことを認めています。

しかし関心は持ったが怖くなり、使用はしていないと薬物の使用を否定をされています。

薬物は使用していないとのことですが、今回薬物疑惑を浮上させてしまい不快に思わせてしまったことを反省し、グループの脱退を決めたとのこと。

芸能人はキラキラしているイメージがありますが、休みやプライベートが制限されるなどストレスが溜まってしまいますのでかなり追い詰められていたのかもしれませんね。

B.Iさんの薬物疑惑が浮上したのは2016年韓国メディアDispatchが大麻LSDなどの違法薬物を購入したと報じたことがきっかけでした。

麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕されたA氏とカカオトークで薬物の購入依頼をしており、疑惑が浮上してしまったわけです。

このA氏が一体誰なのか気になるところですよね。

今回B.Iさんの薬物疑惑について所属事務所のYGエンターテイメントは薬物管理は厳重にしているため2016年の事件とは無関係だと薬物疑惑を否定されています。

仮に薬物を本当に使用していなかったとして脱退までする必要があるのか?とも思ってしまいました。

脱退することで薬物の使用を認めたと思う方も少なからずいると思いますので今後の動向が気になりますね。

スポンサーリンク

【iKON】B.I(ハンビン)がカトクしたA氏は誰?

B.Iさんが薬物の購入をカカオトークで依頼したA氏とは一体誰なのか気になりますよね。

A氏はB.Iさんの知人で一緒に薬物を使用していたとカカオトークの内容から伺えます。

A氏が緊急逮捕された際にカカオトークの内容が証拠品として押収されてしまいB.Iさんの疑惑が浮上してしまいました。

これを受けA氏はB.Iさんに薬物を渡したことを認めましたが、その後YGエンターテイメントがA氏に弁護士を紹介し費用も出すと今度はB.Iさんに薬物を渡していないと供述を変えたのです。

なんだか闇が深そうですよね…

A氏について調査したところハンソヒさんという方でした。

ハンソヒさんは大麻を喫煙した疑いなどで2017年に懲役3年、執行猶予4年、保護観察120時間などを宣言された人物とのこと。

今回薬物の使用疑惑が出たことを反省し脱退を発表したわけですが、活動休止などの方法などではダメだったのかと少し疑問も感じてしまいます。

スポンサーリンク

【iKON】B.I(ハンビン)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

김한빈 비아이さん(@shxxbi131)がシェアした投稿

  • 名前 B.I (本名 キム・ハンビン)
  • 生年月日 1996年 10月22日 19歳
  • 出身 大韓民国 京幾道高陽市
  • 身長 177cm
  • 血液型 O型

iKONはikonとkoreaから来ており、韓国のアイコンになってほしいという意味が込められています。

スポンサーリンク

まとめ 【iKON】B.I(ハンビン)がカトクしたA氏は誰?名前や顔画像も!【薬物脱退】

今回は薬物疑惑を受けグループの脱退を発表をしたiKONのメンバーB.Iさんについて調べてみました。

B.Iさんは薬物に頼ろうとしていたことを認めていますが、使用については否定をされています。

しかし薬物疑惑によってファンに不快な思いをさせてしまったことを反省し脱退を決めたとのことですが、脱退までする必要があったのかなとも思ってしまいました。

もちろん今回の薬物疑惑で不快に思ったファンもいると思いますが、B.Iさんが使用はしていない場合はまた応援してくれるはずです。

最近は薬物関連のニュースが続いていますが、しばらくは続きそうですね。

スポンサーリンク