イベント・レジャー

丹波篠山デカンショ祭の見所を紹介!駐車場や子供と行く場合の注意点も

こんにちは!としおです。 今回は兵庫県で開催される丹波篠山デカンショ祭の見所や体験談をご紹介していきます。 少しでもお役に立てば嬉しいです!

丹波篠山デカンショ祭の見所

このお祭りの魅力としては、木造やぐらの上で「デカンショ盆踊りが」披露されたり、花火は正直なところ長時間もないし、打ち上げ数としては多くはないですが、どの位置からでも見れるのはとても良いです。

例えば、露店に並んでいても見れるし歩きながらでも見られるので、私が行ったときはほとんどの方が歩きながら、立ったままなどの見かたが多かったですね。

2019年のデカンショ祭りは8月15日(木)・16日(金)に開催されます。

私は地元がここに近いのでいつもデカンショ祭りに足を運ぶのですが、よく地元の方たちと会います。

なので遠方から足を運ぶというよりは、地元の方、お盆休みで里帰りしている方などが来ていることが多いと思います。

入場料などはかかりません。

私はいつも知人の家に車を停めて歩いていきますが、開催側が用意した駐車場は1740台無料で停められます。

その他にも臨時で有料駐車場も設けているみたいですよ。

露店の数も結構あるので、飽きはしないと思います。

丹波篠山デカンショ祭の体験談

私の地元が近いので久しぶりに地元の子に会えるのが楽しみな日になっています。

職場にも近いので職場の苦手な人に会うこともあるのですが、そこはみんなと協力して「今、あの人あの出店の前にいたよ」とかやり取りをするのも楽しいです。

お祭りなので混雑はどうしても避けられないですが、色んな所にゴミ箱が用意されてあったり、仮設トイレも十分にあるので「ゴミが落ちてて汚い」などの印象を受けたこともありません。

以前、ゴミを持って違う出店で食べ物を買っていたら出店の方が「ゴミ捨てといたろ~貸してみ~」と言ってくれたので、親切なかたも多いですよ。

毎年って言っていいほど行っているので、どこにどの露店が出ているか覚えているのですが、いつもとても並んでいるベビーカステラ屋さんがあります。

いつも大勢並んでいるので買うのを諦めていたのですが、一度頑張って並んで食べてみたところ、行列が出来る理由が分かるぐらい美味しかったです。

それからは、毎年絶対購入しています。ほかの店に比べて明らかに多くの人が並んでいるので、初めて来た方でも分かると思います。

初めて行く場合の注意点

開催場所は、篠山城跡三の丸広場周辺(兵庫県丹波篠山市北新町)とHPに記載されていますが、これを見ても分からないと思います。

でも当日は舞鶴若狭道丹南篠山口ICから看板が出ているので迷うことはほぼないと思います。

大体、午後4時くらいから高速道路の入り口は混み始めますので早めの行動が良いかもしれませんね。

駐車場も1700台ほど停められるといっても近い場所からもちろん埋まっていきます。

無料といっても少し距離があるところもあるので、お祭り会場から少しでも近いところに停めたいかたは早く行くように心掛けて下さい。

周辺にホテルはないと思いますが、食事するところは以前よりは増えたと思います。

正直なところ、車がないと不便な町なので徒歩で食事をする場所を探すのは困難かと思われます。

なので、その日はお祭り会場でご飯を済ませることが一番手っ取り早いかもしれません。 駐車場を探しているときですが、初めて来る方がどこがお祭り会場に近いか正直分からないと思います。

警備員さんに聞いたらもしかすると遠い駐車場を説明される可能性もありますので、歩きやすい服装で行くことをお勧め致します。

どこのお祭り会場でもそうだと思いますが、ベビーカーなどは少し利用しにくいかもしれません。

時間によっては混雑するときもあるので、大人の手の高さに子供の目線があるので安心とは言えません。

ずっと抱っこ、おんぶなどは疲れるかもしれませんが、子供の安全を一番に考えるなら抱っこおんぶをしてあげてください。

座れる場所、空いている場所もあるので、そこに行くまではなるべく子供から目を離さないことをお願い致します。