事件・事故

藤島一摩(バトミントン部顧問)の顔写真や異動先は?【南浦和中学校自殺問題】

2018年8月にさいたま市立南浦和中学校1年生の男子生徒が自殺した事件で学校側が不慮の事故と公表していたことが明らかになり、話題になっています。

亡くなった男子生徒の遺族は自殺の原因について部活動顧問の行き過ぎた指導ではないかと訴えています。

男子生徒は南浦和中学校のバトミントン部に入部されていました。

男子生徒がなくなったのは2018年8月26日で当日は部活の練習に出かけると家を出て自殺をしました。

遺書に原因は書かれていませんでしたが、日頃から部活動に悩んでいたとのこと。

ネットではバトミントン部の顧問は藤島一摩先生ではないかと言われています。

そこで今回は南浦和中学校のバトミントン部顧問である藤島一摩先生の顔写真や移動先などについて調べてみました。

藤島一摩(バトミントン部顧問)の顔写真

2018年8月にさいたま市立南浦和中学校当時1年生だった男子生徒が自殺した問題で学校側は不慮の事故と説明していたことが明らかになりました。

南浦和中学校の場所がこちらになります。

亡くなった男子生徒の遺族は自殺の原因について入部していたバトミントン部の顧問の行き過ぎた指導が原因だったのではと訴えています。

というのも自殺前日の25日まで男子生徒は3日連続で部活動を休んでおり、母親に顧問から「休まれては困る、個別指導をする」ととがめられていたとのこと。

このバトミントン部の顧問については生徒から過去の暴言の訴えや自殺前に行われたアンケートで数々の問題が発覚しています。

バトミントン部顧問の行き過ぎた指導

  • 生徒に対して「バカだアホ」、「お前存在する意味あるのかよ」などと暴言
  • 「顔も悪い」、「運動神経も悪い」などと暴言
  • 生徒の胸ぐらを掴む
  • アンケートで自殺した男子生徒が圧をかけられていたと回答があり

教師の中にはバカやアホといった少し強い指導をする方は他の学校にもいると思いますが、「お前存在する意味あるのかよ」これは流石に言い過ぎですし、指導者として人としてどうかと思います。

ネットではこのバトミントン部の顧問が藤島一摩先生ではないかと言われています。

藤島一摩先生という噂が多く出ていますが、正式には公表されていないため顔写真などは控えさせていただきます。

藤島一摩先生は2019年4月に別の学校に異動していることが判明しています。

1 2