エンタメ

無断早退147回で処分された市職員は誰で名前や顔画像は?無断残業に反響も【埼玉県川口市】

埼玉県川口市で5分前に無断早退を147回した市職員が処分されたことが明らかになり話題になっています。

処分を受けた男性職員は帰宅するバスに間に合わないため無断早退を繰り返していたとのこと。

この話題に対してネットではなぜ無断残業は許されるのか?と反響を呼んでいます。

確かに無断早退5分で処分されるのなら無断残業5分も問題では?と感じました笑

そこで今回は無断早退を147回して処分された市職員は誰なのかと無断残業に対するネットの意見などを調べてみました。

無断早退147回で処分された市職員は誰で名前や顔画像は?

埼玉県川口市で無断早退を147回したとして市職員の男性が処分を受けました。

ニュースで処分と報じられているため会社をクビになったのかと思いきや減給処分だったようですね。

処分は減給10分の1・1月の懲戒処分とのこと。

無断で早退することはいけないことですし、147回とはかなりの日数ですよね笑

この男性は2018年1月10日から2019年2月26日までの間上司に許可を得ずに無断で147回早退していました。

理由は帰宅時に乗るバスが30分に1本しかなく終業時間の17時15分では間に合わなかったためだったとのこと。

確かになるべく早く帰りたい気持ちもわかりますが、我慢している社会人はたくさんいますので反省すべきですね。

市職員は生涯学習部北スポーツセンター主査の男性職員41歳とのこと。

ニュース等では名前や顔画像の情報は出ておらず特定することができませんでした。

事件などを起こした訳ではないので今後も名前や顔画像は報じられることはないかと思います。

1 2