事件・事故

【富士山】救護要請後勝手に帰宅した20歳代男性は誰?名前や顔画像も!業務妨害になる?

みなさん登山は好きですか?

最近は登山が趣味という方が増えていてファッションも流行っていますよね!

しかし登山は危険が伴いますので準備が大切です。

もし危険な状況に陥ってしまった場合は救護要請することが重要ですが、最近困った出来事が起こってしまいました。

2019年5月20日の午後に富士山を登っていた20歳代男性が救護要請を出されました。

その後山岳警備隊6名が夜遅くまで捜索をしますが、なんと男性は勝手に下山し帰宅していたのです。

捜索警備隊からすれば一刻も早く見つけなければと必死に探していたはずですので困った話ですよね。

ネットでは男性が無事だったことに対して安心する声や無責任で業務妨害などと様々な意見が出ています。

そこで今回は救護要請をするも勝手に帰宅した20歳代男性について調べてみました。

スポンサーリンク

富士山救護要請も勝手に帰宅

2019年5月20日午後0時40分頃富士山を登頂していた男性から富士吉田署かに救護要請がありました。

富士吉田署は男性に対して110番するよう促し、男性は連絡をされました。

警察本部は男性の位置をGPSで把握し、その場にいるように促しました。

遭難の時は現在地から動かないことが原則のためです。

しかし男性は「体力が回復したので、自力で下山します」と主張したまま電話を切ってしまったのです。

県警は男性が危険な状態にあると判断し、周辺を捜索することにしました。

捜索をする前に十数回男性に連絡をするも呼び出し音は鳴るが、電話は繋がらなかったとのこと。

捜索は21時半まで続けられましたが、天候悪化の恐れから一旦打ち切りにし翌日することになりましたが、何と22時ごろに男性から連絡があり富士山の麓まで自力で下山し電車で帰ったことが発覚したのです。

何とも身勝手な話ですよね笑

捜索警備隊のことも考えてほしいものですね。

スポンサーリンク

勝手に帰宅した20歳男性は誰?名前や顔画像は?

男性は東京都内在住の20歳男性で必要な登山届けを出されていなかったとのこと。

名前や顔画像は公開されていないため特定はできませんでした。

おそらく今後も公開されることはないでしょう。

男性には悪気があった訳ではないと思いますが、もう少し捜索する側の気持ちも考えてほしいものですね。

スポンサーリンク

業務妨害になる?

今回の出来事に対してネットでは無責任や業務妨害では?といった意見が寄せられています。

富士吉田署の見解としては男性は下山すると発言しており、嘘はついていなかったため業務妨害にはならないとのこと。

また罰金なども考えていないとのことです。

しかし男性には今後電話や面会をして山岳指導をするとのことです。

スポンサーリンク

まとめ 【富士山】救護要請後勝手に帰宅した20代男性は誰?名前や顔画像も!業務妨害になる?

富士山に登っていた20歳の男性が救護要請を出すも勝手に帰宅していた出来事が話題になっていますね。

今回はその20歳男性について調べてみましたが、報道では匿名で名前は公開されていないことから特定することができませんでした。

遭難や事件ではなかったため今後も名前は公開されないでしょう。

男性に対しては色々な意見がありますが、決して悪気があった訳ではないはずです。

危険を感じた場合は速やかに救護要請を出すことが大切ですが、その時はきちんと指示に従いましょう。

今回男性の反省点としては指示を聞かなかったことや連絡を無視したことが挙げられます。

捜索する側は必死になって探してくれますのでその気持ちも考えてあげるべきです。

とはいえ男性が無事で本当に良かったですね。

スポンサーリンク