エンタメ

飯塚幸三(いいずかこうぞう)のwikiや息子(子供)と自宅は板橋区弥生町?家族やドライブレコーダー映像も

スポンサーリンク

2019年4月19日東京池袋で高齢の男性が運転していた乗用車が暴走し、付近にいた10名をはね、その後ゴミ収集車に追突するという大事故が発生しました。

この事故で母娘の2人が亡くなり、8名が負傷しました。

乗用車を運転していたのは飯塚幸三さんという方で住所も特定されています。

どうやら飯塚幸三さんはかなり凄い方でネットでも話題になっています。

そこで今回は飯塚幸三さんのwikiや息子、ドライブレコーダーの映像などについて調べて見ました。

スポンサーリンク

池袋ゴミ収集車追突事故

2019年4月19日に87歳の男性が乗っていた乗用車が暴走し、歩行者を次々とはね、その後ゴミ収集車に追突した事故が発生しました。

事故を起こした男性は飯塚幸三さんと特定されており、およそ150mもの距離を暴走したとのこと。

この事故で自転車に乗っていた母娘の2人が亡くなられてしまいました。

母親は31歳で娘は3歳でした。

他にも飯塚さんを含め40代ら90代の方々8名が負傷する大事故でした。

最近高齢者の事故が多発していますが、亡くなられてしまった母娘の遺族の方々のことを思うと心配ですね。

事故が起きた現場付近がこちらになります。

 

普段からよく通る方々も多く現場はかなり困惑されていました。

今回の事故の原因についてですが、飯塚幸三さんは以前から足が悪かったことがわかっており、杖を使って生活をしていました。

警察の調査によると車の異常は確認されておらず、事故直前のドライブレコーダーでは「あーどうしたんだろう?」と話されており、事故後に息子さんに電話をして「アクセルが戻らなくて人をひいちゃった」と電話で話されている様子が映っていたことから飯塚幸三さんが運転操作を誤ったことが予想されます。

飯塚さんは87歳と高齢でありましたが、2017年に免許を更新されていたため、まだまだ運転を続けようとしていたことが伺えます。

高齢者で歩くのが困難なため車で移動したくなる気持ちもわかりますが、アクセルやブレーキは足で操作するしかありませんのでやはり危ないですよね。

現に最近では高齢者の事故が多発しているため年齢などの制限を設けても良いのではないかと思ってしまいますね。

池袋の事故と同じくように2019年4月21日午後14時ごろ三ノ宮駅でも大事故が発生してしまいました。

是非こちらの記事も伴わせてご覧ください。

神戸市営バス運転手(大野二巴雄)は逮捕で池袋(飯塚幸三)されないのはなぜ?違いは何?現場の場所も【三ノ宮事故】2019年4月21日午後14時ごろ神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の道路で神戸市営バスが横断報道に突っ込み歩行者を多数はねた事故が発生しまし...

 

スポンサーリンク

飯塚幸三(いいずかこうぞう)のwiki

今回大事故を起こしてしまったのは飯塚幸三さんと特定されており、自宅の住所も東京都板橋区弥生町と判明しています。

飯塚幸三さんの読み方ですが、いいずか」と思われている方もいるかと思いますが、正しくは「いいづか」です。

飯塚幸三さんは87歳と高齢でありながら運転をされており、事故を起こしてしまいました。

事故を起こすと普通容疑者と報道されますが、飯塚幸三さんの場合「さん」で報道されており、なぜ?とネットで注目されていました。

調べてみると飯塚幸三さんはなかなか凄い方でした。

現時点でわかっていること

  • 東京大学卒業 工学博士取得
  • 旧通産省 元工業技術院長
  • 元クボタ副社長
  • 国際度量衝委員会副委員長
  • 日本計量振興協会会長

かなり凄い方ですよね!

とはいえ今回これだけ大きな事故を起こしてしまったので社会的な責任に問われそうですね。

スポンサーリンク

飯塚幸三(いいずかこうぞう)の息子(子供)や家族は?

飯塚幸三さんの家族については事故当時飯塚さんの妻も同席しており、事故後に息子さんに電話をしていることから妻と息子さんがいることがわかります。

妻と息子さんの年齢などは特定できませんでしたが、飯塚幸三さんが87歳であることを考えると妻も同じくらいの年齢であることが予想できます。

息子さんの年齢もはっきりとはわかっていませんが、父親が87歳であることを考えると40代から50代くらいであることが予想できます。

また父親である飯塚幸三さんの経歴を考えると息子さんもかなり凄い会社で働かれているのではないかと考えられます。

今回の事故で息子さんにも影響が出そうですね…

スポンサーリンク

ドライブレコーダー映像も

今回の事故に関して飯塚幸三さんが運転していた乗用車のドライブレコーダーには事故当時に様子が映っています。

事故現場の少し前あたりのカーブで同席していた妻が異変に気づき「危ないよ、どうしたの?」と発言しており、飯塚幸三さんが「あーどうしたんだろう」と応じています。

その後車道左側の金属製の柵に接触しました。

事故後、飯塚幸三さんは息子さんに電話をかけ「アクセルが戻らなくて人をひいちゃった」と電話で話されているのがわかります。

ドライブレコーダーの映像は今の所公開されていませんでした。

今後ニュース等で放送されるかもしれませんのでわかり次第更新していきたと思います。

まとめ 飯塚幸三(いいずかこうぞう)のwikiや息子(子供)と自宅は板橋区弥生町?家族やドライブレコーダー映像も

2019年4月19日午後に東京都豊島区池袋4丁目付近で87歳の男性が運転していた乗用車が暴走し、付近の歩行者を次々とはね、その後ゴミ収集車に追突する大事故が発生しました。

運転していた男性は飯塚幸三さんと判明しており、自宅の住所も板橋区弥生町と特定されています。

飯塚幸三さんについて調べてみましたが、東京大学を卒業されており、以前にクボタの副社長を務めるなどかなりの高経歴な方でした。

家族については妻と息子さんがいることがわかっています。

今回の事故で息子さんにも影響が出そうですね。

今回の事故で母娘の2人が亡くなられており、8名が負傷しています。

亡くなったお二人は31歳と3歳ととても若く、人生これからの時でした。

高齢者は足が悪くなりやすく、歩いての移動が厳しく車を運転したい気持ちもわかりますが、高齢者の運転操作を誤った事故が多発していることを考えると少し制度を変えるべきではないかと思ってしまいます。

亡くなった方の遺族のことを思うと気の毒ですね。

今後このような事故が起きないように対応策を考えるべきだと思います。

スポンサーリンク