事件・事故

オランダ体外受精事件の男性医師は誰?名前や経歴を調査!子供や妻の顔画像も

オランダで不妊治療の際に無断で自分の精子を使って体外受精を行い、49人の子供を産ませていたことがわかりました。

女性や家族が生まれた子供の顔や瞳が男性医師に似ていることに不信感を抱き、DNA鑑定の結果子供と男性医師が親子関係にあることが発覚したのです。

そこで今回は無断で自身の精子を使って体外受精したオランダの男性医師について調べてみました。

オランダ体外受精事件

オランダの不妊治療クリニックで男性医師が無断で自分の精子を使い体外受精を行い、49人の子供を産ませていたことがわかりました。

子供の母親や家族が生まれた子供の顔や瞳が男性医師に似ていることに不信感を抱き、DNA鑑定を行なった結果、男性医師と親子関係であることが発覚したのです。

やっとの思いで子供を授かったのにも関わらずこのような身勝手な行動を取られるのは非常に憤りを感じますね。

オランダ体外受精事件医師の名前や経歴

無断で自分の精子を使って体外受精させた医師はヤン・カールバートという方でした。

ヤン・カールバートさんは2017年4月に89歳で既に亡くなっていました。

経営していたクリニックは2009年に閉鎖していました。

地元メディアによると生前ヤン・カールバードさんは様々な提供者の精子に自分の精子を混ぜたことを認めていたとのこと。

この問題は2017年から子供の家族から疑われており、結果がわかるまで公開しないことを条件にDNA鑑定の実施が認められました。

生前ヤン・カールバードさんはDNA鑑定を受けることを否定されていたそうです。

結果が出てバレるとわかっていたのでしょう。

とは言え本人は亡くなってしまい今後どのように話が進んでいくのか注目ですね。

子供や妻は?顔画像も

ヤン・カールバードさんは既に亡くなっていますが、妻や子供はいるのか?

調査したところヤンカールバードさんは結婚しており、子供もいます。

しかし一般の方であるため顔画像などは特定することはできませんでした。

ヤン・カールバードさんはもし生きていると現在91歳ということもあり、もしかすると妻も亡くなっている可能性があります。

また子供については人数は特定できませんでしたが、ヤン・カールバードさんのDNAを提出したのが息子さんであることが判明しています。

そのため子供は少なくとも1人はいることになります。

クリニックは2009年に閉鎖しているため息子さんは継がずに別の職業であることが考えられます。

今後も遺族は父親の責任をどう取っていくのか注目が集まります。

まとめ オランダ体外受精事件の男性医師は誰?名前や経歴を調査!子供や妻の顔画像も

オランダの男性医師が不妊治療で提供された精子に自分の精子を無断で混ぜて体外受精をしていたことが明らかになりました。

判明したのは子供の親や家族が子供の顔や瞳が男性医師に似ていることに不信感を抱きDNA鑑定を行なったことでわかりました。

男性医師はヤン・カールバードさんという方で2017年に89歳で既に亡くなっていました。

ヤン・カールバードさんは結婚しており息子がいることがわかっています。

妻や息子の顔画像などは一般の方のため特定することはできませんでした。

今後どのように話が進んでいくのか注目ですね!